Interpreter by Noriko Okaku

「トポス」の開始から携わっているロンドン在住の美術家、アニメーター尾角典子さん。この度は、作品『The Interpreter』 が SKIPシティ国際Dシネマ映画祭アニメーション部門奨励賞を受賞いたしました! 緻密にコラージュを編んでいく彼女の世界を覗いてみてはいかがでしょうか?

尾角典子の映像コレクションはこちら!
https://vimeo.com/norikookaku

 

 

 

尾角典子 Noriko Okaku

アーティスト。日本生まれ。ロンドン在住。ロンドンのチェルシー大学でファインアー トメディア学士、ロイヤルカレッジでアニメー ション修士を学ぶ。チェルシー在学中にア ニメーションの技法に出会い、以来アニメー ションを基軸に作品を作り続けているが、 近年はモニター外でも表現できる方法に挑 戦している。創作の基本理念は「多角的な ものの見方を提示する」。1つの事象にさま ざまなアスペクトがあることの気づきを表 現しようと試みる。特にコラージュは、オリジナルの素材の組み替えにより新たな側 面を発見する手法として、自身の理念に近づけるべく試行している。2015年、英国ダービーシャー州の公式プロジェクトとして当地に招聘さ れ、工業都市ダービーの歴史をテーマにしたコラージュによるタロットカードの原画とアニメーショ ン映像「The Interpreter」(2015)を制作。〈独自の解釈〉をコンセプトに、コラージュとコラー ジュの狭間にあり、鑑賞者の頭の中で起こる目に見えないInvisible animationを喚起したいと考えている。
www.norikookaku.com

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です